総額よりも件数が重要

おまとめローンと言っても、あまりにもたくさんある借入先をまとめようとすると審査に落ちてしまうことが多くなります。
通常は3~4件程度の借入をまとめるのに利用することができますが、借入先が多いと多重債務として判断されてしまうためです。

おまとめローンを申込するときは、現在の借入先をある程度圧縮していから申込をするとよいでしょう。まずは手持ちのカードから限度額をアップできそうなものを選び、小さい枠のカードをまとめていきます。その後カードの数が減った段階でおまとめローンを利用するのが良いでしょう。限度額が上がるとそれだけで金利が下がることもあり、小さい枠のカードを複数持っているよりもメリットが大きくなります。カードの限度額が高いものを持っていると、それだけ他社に信用されており、安全な人物であるという保証にもつながります。

使っていないカードがあれば思い切って解約をすることも大切です。

 

カードの申込限度額によっては収入証明書が必要。

おまとめローンにも銀行が提供しているものと消費者金融が提供しているものがあります。
消費者金融が提供しているものは総量規制の対象となっているため、年収の3分の1以上の借入をまとめることはできません。

また他社との借入額が100万円を超える場合は年収を証明する書類の提出が必要です。銀行の場合、収入証明の提出が必要になるラインはローンの提供元によってことなります。

100万円で必要になる銀行もあれば300万円まで不要となっているところもあります。

ただし申込をするときに適当な数字を書いていいわけではありません。年齢や業界ごとの収入平均をリスト化した資料があるため、そこからはずれている場合は確認されるケースもあります。

銀行のカードは最大借入額が高く設定されているので、より多くの借入をまとめることができます。金利も消費者金融より安くなっているのはとても魅力的です。
おまとめローンをする最大の目的は、金利負担を減らすことにあります。それ以外にも支払日の単一化や支払額がわかりやすくなるメリットがあります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です