おまとめローンの矛盾点。審査と必要書類について

一言におまとめローンと言っても、内容は各社さまざまです。消費者金融でもおまとめローンに対しては積極的で、総量規制の限度額内であれば複数ある借入をまとめさせてくれます。

ほとんどのケースで極度型ローンとなっているので、限度額内であれば繰り返し返済と借入をすることができます。おまとめローンは返済専用になるものと、限度額内で繰り返し使えるタイプがあります。返済専用になっている場合は、最初に他の借入先の借金をすべて返済し、解約したことを金融機関に申告しなくてはないけないタイプになっているものもあります。

もしここで別の用途に借りた資金を使ってしまうと、契約違反になってしまいます。おまとめローンは大口の借入となりますので、通常は年収を証明する書類が必要になります。ローンの契約なので身分証明書も必要です。それに加えて場合によってはこの解約証明や借入をしていることを証明できる書類が必要になるので、元の借入先の件数によって必要書類の数が変わってきます。

 

あまりにも多い借入はまとめられないという矛盾

おまとめローンは複数の借入をまとめ、支払日の単一化や支払い金額を分かりやすくし、金利を下げて計画的に返済していくことを目的としているローンです。

しかし多くの金融機関では多すぎる借入先をまとめることはできません

借入先が多くあると、多重債務状態と判断され、審査が通らない確率が上がってしまうためです。

 

まとめることを目的としてはいるものの、多くのものはまとめられないという矛盾点があります。

消費者金融より銀行の審査のほうがより厳格です。消費者金融では総量規制内であれば積極的に相談に乗ってくれるので、

まずは小口の借入は消費者金融でまとめ、借入件数自体を減らすとよいでしょう。

 

銀行はかなりの低金利でローンを提供してくれますので、計画的な返済を目指すのであればぜひとも利用したいものです。

しかし、一度落ちてしまったところに何度も短期間に申込をすることはできません。まずは審査に通るための万全の体制を整えてから申し込むことが大切です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です