学生はそもそも収入が少ない

貸金業者であれ銀行であれ、満20歳以上で一定の収入があれば、借入は可能です。

金額自体は社会人ほど多く望めない可能性もありますが借入ができるかできないかでいれば、できます。ただし貸金業者の場合には総量規制の法律がありますので、借り入れできる金額は、年収の3分の1が限度となります。もしそれを超えて貸し付けた貸金業者があれば、刑事罰や行政罰を受ける可能性があります。正規の貸金業者であれば、それを厳守します。

またリスクを出来る限り負わないために、貸付の金額は小金額になりがちです。枠の拡大も、社会人ほど大きくはないのが一般的です。しかし1件で小金額しか貸し付けないということになれば、よほど気をつけないと多重債務に陥る危険性があります。合計金額が小さくても、数社に渡っていることで、返済額は膨れ上がってしまいます。お金を借りる時には、社会人以上に返済についての計画性が必要になると考えられます。

学生のおまとめローンの利用の難しさは

おまとめローンは、おまとめ専門の商品であれば、貸金業者でも総量規制の対象外となります。

いくらの収入であっても、利用できる可能性はあるということになります。しかし学生はそもそもが収入が少なく、返済能力の面で不安が残る属性です。

一つの業者のリスクの負担が小さければいいのですが、おまとめローンは1社のリスク負担が大きくなる商品です。学生が申込をおこなって、どこまで返済能力を判断してくれるのかは、審査の段階で甚だ疑問が残る部分でしょう。おまとめローンは一次的に負債額が二倍近くになります。おまとめの対象となっていた負債を返済すれば減るのですが、おまとめを引き受けた債権者にしてみれば、かなりの危険度です。

また返済した後、二度と他から借りないという保証はなく、それまで見越した場合のリスクは、その人の支払い能力を超えてしまうことになりかねません。申込に対しては、そういった「もしも」のことも加味した判断を行いますので、審査はおのずと厳しいものになるのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です