おまとめローンを利用する際の注意点について

おまとめローンを利用する場合は、通常のカードローンをおまとめ用として利用するのか、
おまとめローンとして用意されているサービスを利用するかの二通りがあります。

通常のカードローンは資金使途が自由ですので、おまとめ用として使うことも可能です。
元本の返済額を少なくすることは難しいですが、低い金利で借り換えを行えば金利負担を抑えることが出来ます。

またカードローンの場合は即日融資を受けることも可能です。
ただし注意点としては、消費者金融のカードローンを利用する場合は総量規制の対象となることです。
複数の借入を一本化する場合は、必然的に融資額が大きくなりますので、年収の3分の1の金額を超えてしまう場合があります。

一方おまとめローンを利用する場合は、消費者金融を利用する場合でも総量規制の対象外となります。
ただし他社の借入明細などいくつかの必要書類を提出しなければならないため、審査に多少時間がかかってしまいます。その為即日融資は難しいことになります。

元本の返済額を下げることによるデメリットについて

おまとめローンを利用する際の注意点として元本の返済額があります。
通常おまとめローンを利用する場合は、現在借入を利用している契約の金利よりも低い金利で借り換えを行います。
そうすることによって、利息負担を減らせるメリットが出て来ます。

しかしおまとめローンで借り換えを行うことによって毎月の元本の返済額を、これまでの複数の借入の元本の合計額よりも下げた場合は、借り換えによって最終的な総支払額が増えてしまうこともあります。元本の返済額を少なくするということは、完済までの期間が長くなりますので、その延びた期間分の利息負担が発生してしまいます。

もちろん毎月の返済が苦しい場合は、借り換えによって元本の返済額を下げることは有効な手段ですが、利息も含めた総支払額が増えてしまうことを認識しておかなければいけません。
ですので、おまとめローンを利用する場合は、事前に必ず返済シミュレーションをすることが必要です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です