おまとめローンの検討は、何にメリットを見出すかを明確に

おまとめローンを検討する際に、いつまでたっても全く負債額が減らないので検討するのか、支払額が苦しいから検討するのかによって、支払い計画が違ってきます。

たとえば全く今の月々の支払金額が苦痛ではないが、契約が複数あることで、一つ一つの金利負担が大きいというのであれば、月の返済額は変えないまま、有利な金利で借り換えをするのがおまとめローンの目的になります。今までと同じ金額を返済すれば、その分早く完済できますし、金利負担も激減します。

金利負担は実質年率も関わりますが、どのぐらいの期間で完済するかによってかなり違います。長くなればなるほど金利負担は大きくなります。もっと有利に返済していのであれば、月々決まった額を回数を決めて返済する均等払いを選択し、余裕ある時に前倒しで多く返済すると、もっと金利負担は減ります。クレジットヒストリーとしても、ポジティブな材料となり、個人の信用情報も良くなります。

月々の支払額に重点を置いたおまとめローンの検討の場合には

今の支払金額が苦しいのであれば、おまとめローンの利用によって、月々の支払額を減らして、完済を目指すことができます。

まとめると金利が低くなる可能性があります。たとえば50万円の借り入れを3社の貸金業者で持っていた場合、すべて18%程度の実質年率で借りていることが多いでしょう。しかし3社をまとめれば100万円を超えますので、法律で定められている法定金利の上限が適用されたのであっても15%です。それだけで金利負担は減り、同じだけの期間で完済する場合であったも、複数社と契約していた時と比べて月々の額は減ります。

また1社での金額自体が増えたことで、もっと長期の返済計画が立てられることもあります。それによって金利負担も同時に増えることもありますが、月々の負担を小さくすることが目的であれば、メリットは大きなものとなります。返しやすくなったことで、生活が楽になり、ストレスなく完済を目指すことが可能となるのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です