おまとめローンで重視される審査について

複数の金融期間等からの借入を1つの金融機関に借換を行いまとめる方法におまとめローンがあります。

おまとめローンは、その特徴から多重債務者に対応したローンであり、融資においては、借入金額も多くなることから、一般ローンよりもその審査基準には厳しいものがあります。内容としては、まず、遅延延滞に対しての調査が行われます。過去に遅延延滞があった場合には、新しい融資に対しても返済が滞ることが予想され、詳細に審査が行われます。

次に、年収に関してです。収入は返済能力に結びつくために注意して見られる項目となっており、第一には安定した収入が要求されます。

3つ目としては勤務先を上げることができます。公務員や大企業の場合には、当然有利になりますが、規模だけなくその勤続年数も判断材料の1つとなります。特に、規模が大きくても入社が間もない場合などには厳しく対応がなされます。

そして、4つ目としては融資額をあげることができます。融資額が大きくなればなるほど審査基準も高くなり、申込をする場合には金額に注意をする必要があります。

おまとめローンの鍵となる年収

おまとめローンを利用する場合には、各々の金融機関に定められた基準がありますが、その中でも影響が多いものに年収があります。

まず、多くのおまとめローンでは、年収の審査基準を200万円以上を目安としており、中には300万円以上と定めている場合もあります。

そのために融資を申し込む場合には重要項目となります。200万円以下の場合でも対応をしてくれる金融機関もありますが、この場合には融資する相手の信頼性が重要となります。しかし、金額が低い分、借入可能な金額も低めになってしまい、この場合には借入することによってどの程度のメリットが生じるのかを見極めてから申込む必要があります。

おまとめローンは通常のローンと違い、金額も多くなることから申込をする場合にはその事情も全く違ってきます。特に年収が大きく関係する返済能力の面においては、債務者が不履行となれば金融機関では大きな損害を被ることになってしまいます。年収が低くても安定した収入も重要な項目となり、例え年収が大きくてもあまりにばらつきがあるなど不安的の場合には融資の審査が厳しくなります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です